WEBリテラシーを確認して料金設定

自営業でWEB関連の制作を中心に仕事をしております。

付き合いの長いクライアント様については、全く問題ないのですが、新規のお客様の場合にWEBリテラシーが低過ぎてテンションが下がってしまう場合があります。
(新規のお客様が出てくるだけ、ありがたいのですが…)

個人で行っている事もあり、時間=収入と言う観念を持っておりますので、説明など予想以上時間が掛かってしまうと稼げなくなってしまいます。

初めてのお客様の場合、料金を良く聞かれるのですが、自分でも良くこんな事をお伝えします。

「WEB制作は料金が決まっていないので人によって、1万円でやる方もいれば、10万円でやる方もいます。
ですので、僕も料金設定は特に公表はしていないんです。
制作する内容によって相談させて頂いております」

今でもこの言葉には間違いは無いと思ってますし、今後も同じ様な事を言うと思います。

長年やって来て今更感はありますが、最近フッとこの考えを変えようと思いました!

稼ぐためのWEBリテラシー確認方法と料金設定

  1. 名刺に電話番号を入れない
  2. 電話番号を必要とする人としない人で料金設定を作る

名刺に電話番号を入れない

WEBリテラシーの低い方は何かと電話が多く、SNSやチャットができるツールはやっていませんし、メールも余り使いません。

電話が嫌な分けではないのですが、電話ばかりですと他の仕事が進まない事や、口答での指示も入ってきます。

そして大抵の場合、電話の後に
「会って話がしたい」
と言われます。

会って話をする事は良いのですが、このようなケースの場合「電話で済むじゃん」って事が多いです。

電話もして、会って話をして、大した内容で無いと、結局無駄な時間を過ごす事になります。

そんなテンションダウンがあると、他の業務にも支障がでて良いこと無いので、始めから名刺に電話番号を入れないで、メールとSNS関連のアカウントのみ記載する事でステキに回避できます。

SNSやチャット、メールなど使って頂くとそのまま議事録的なメモになりますので、言った言わないが起こりにくい利点もあります。

電話番号を必要とする人としない人で料金設定を作る

前項で電話番号を入れないと必ず電話番号を聞かれますw
そこはちゃんと説明して、電話番号有りの場合は初期費用を頂けば良いかと思います。

そこで破談になったらそれでも良いと言う考えです。
破談になっても、結局良い仕事にはならないと思います。

「いやいや、下請けだから」
「そんな事もったいなくてできない」

と思われるかとも思いますが、そのあたりは強く持って欲しいです!

下請け姿勢と、フリーだと、足下も見られますし、金額勝負の相見積もりと取られて、安請け合いにもなりかねません。

個人的にはそんな状況が当たり前の様な見られ方をすると、業界的にも良く無いと思ってます。

長年やっていて、今更気がついた事ですが、今後は電話番号無し名刺にしたいと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

1998年からWEB関連の仕事に従事。角川グループのWEB会社に入社し、ディレクター、デザイナーとして経験を積む。2004年よりフリーランスとして活動し、2008年に法人を設立。サイトの制作だけでなく運用保守や紙媒体も行う。専門学校の非常勤講師も経験。