Googleに気に入られるサイト

Googleのコンテンツ評価者たちは、(もちろん意味合いは制作者とは違いますが)ページの構成を大きく3つのパートに分けて考えているようです。 これらは、言われてみれば当たり前の事かもしれませんが…。
ページ構成
メインコンテンツ(MC) メインコンテンツとは、その名の通りメインのコンテンツが表示されている領域。 サプリメンタリーコンテンツ(SC)サプリメンタリーコンテンツとは、通常はサイト上部のメニューや左右のカラム、フッターなどがこれにあたります。   サプリメンタリーコンテンツ(SC) サプリメンタリーコンテンツとは、通常はサイト上部のメニューや左右のカラム、フッターなどがこれにあたります。   広告・マネタイズ(Ads) その名の通り広告やマネタイズを目的としたリンクやコンテンツ部分。  
Google的、質の高いページに特に必要な、7つのポイント
十分な量と質のメインコンテンツがある 時間と手間をかけて作られたコンテンツであること。 特定の専門知識や才能、スキルをもってして作られたコンテンツであること。   コンテンツに専門性、権威、信頼性(E-A-T)がある そのトピックの専門家によって作られたコンテンツである。 ブロガー等、普通の人によって作られたコンテンツである。   Googleが考える評価が高いサイト ショップであれば、評価サイトでのユーザーの声がある。 ニュースサイトであれば、アワード受賞暦などがある。 ユーモアサイトであれば、その人気やユーザーのエンゲージメントが高い。 第一人者、エキスパートからの推薦がある。   Aboutページやコンタクトページがある ショッピングや専門性が高い情報が掲載されているページでは特に、そのサイトの情報、そのページの執筆者情報、コンタクトインフォメーション等が記載されていることが重要。また、YMYLではないページ・サイトにも、管理者のe-mailアドレスのような情報は記載されていることが、質の高いページ・サイトの条件となるようです。   UXが考慮されたSCが用意されている ショッピングサイトでユーザーが気にいるような関連商品がサプリメンタリーコンテンツ(SC)に掲載されているとか、エンタメサイトでユーザーが見たくなるような関連コンテンツがSCに掲載されているとか、そういった点に注意が行き届いているSCを、Googleはページの質を上げる要素だと捉えているようです。   MCやSCをサポートする機能的なサイトデザイン 「MCがページの全面中央に配置されている」「ファーストビューでMC領域が見える」「どれがMCであるのか明瞭」「AdsやSCがMCを邪魔しない」「どれがAdsであるのか明瞭」これらの要素を満たしたサイトデザインが、MCやSCをサポートする機能的なサイトデザインです。一方で、ただ見た目が良いサイトと、機能的なデザインのサイトは違うということも、ガイドラインには記載されています。   メンテナンスされている ニュースサイトであれば記事の更新頻度が重要ですし、医療系のサイトであれば内容が最新のものにアップデートされていることが重要です。更新頻度は高くないサイトでも、営業時間や住所の変更時には、情報を更新する必要があります。
参考:Googleガイドラインに見る、良質なWebコンテンツの基本原則! http://unique-experience.xyz/?p=2244

ABOUTこの記事をかいた人

1998年からWEB関連の仕事に従事。角川グループのWEB会社に入社し、ディレクター、デザイナーとして経験を積む。2004年よりフリーランスとして活動し、2008年に法人を設立。サイトの制作だけでなく運用保守や紙媒体も行う。専門学校の非常勤講師も経験。