【コピペOK】Ameba(アメーバ)ブログでブログの広告を消しつつRSSを一覧表示する

【コピペOK】Ameba(アメーバ)ブログでブログの広告を消しつつRSSを一覧表示する

スポンサー

根強い人気のあるブログサイト「Ameba(アメーバ)」
1万人以上の芸能人・有名人ブログを読めるのはAmeba(アメーバ)だけ。
ブログやゲームなど、コミュニティを作るための様々な仕組みもあって便利なサイトです。

自分のWEBサイトは独自ドメインで持って、普段使いで更新や報告などはAmeba(アメーバ)でやる人も多いかと思います。

Ameba(アメーバ)で慣れている人は、その方が簡単ですよね。

そうすると「普段更新はAmeba(アメーバ)」だけど「自分のサイトにもAmeba(アメーバ)の更新情報を載せたい」となる訳ですw

普通にRSSで更新情報を引っ張ってくると、Ameba(アメーバ)の広告も表示されてしまいます(汗
そんな時、広告を消してRSSを表示することができます!

目次

【コピペOK】Ameba(アメーバ)ブログでブログの広告を消しつつRSSを一覧表示する

rss.php

名前は自由に変えていただければと思います。ポイントは以下です。(ポイントの行をハイライトしてます)
9行目:表示させたいサイト側に何行までお知らせを表示するか決めます。
14~21行目:ここの記載の方法を以下の27~32行目のhtmlに入れる事で表示内容が決まります。
27~32行目:表示いさせたい内容のhtml記載部分です。
htmlで書いてありますのでわかりやすいと思います。以下の例で書いてある内容は、リンク先のページの「タイトル、内容、日付」が表示する内容になってます。

<?php 
    date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
     
    $url = "http://feedblog.ameba.jp/rss/ameblo/(アメブロのID)/rss20.xml";
    $rss =  simplexml_load_file($url);
    $output = '';
    $i = 0;
// 取得件数
    $max = 5;
    if($rss){
        foreach( $rss->channel->item as $item )
        {
            /**
            * タイトル
            * $item->title ;
            * リンク
            * $item->link ;
            * 更新日時のUNIX TIMESTAMP
            * $timestamp = strtotime( $item->pubDate ) ;
            * 詳細
            * $item->description;
             */
            if(!preg_match('/^PR:/',$item->title )){
                if($i < $max){
                    $timestamp = strtotime( $item->pubDate );
                    $date = date( 'Y.m.d',$timestamp );
                    $output .= '<dt>';
                    $output .= '<time datetime="' . $item->pubDate . '">' . $date . '</time>';
                    $output .= '</dt>';
$output .= '<dd>';
$output .= '<a href="'. $item->link .'" target="_blank">' . $item->title . '</a>';
                    $output .= '</dd>';
                    $i++;
                }
            }
            
        }
    }
     
    echo '<dl class="list">'. $output . '</dl>';
?>

htmlに記載

表示させたい場所に以下のhtmlを書きます。

<div id="feed">
  <?php include('./rss.php'); ?>
</div>

最後に上記記載をしたhtmlの拡張子をphpにします

あわせて読むと効果的な記事

最後に

Ameba(アメーバ)のRSSで広告を消して、簡単に埋め込み出来るサービス提供しているサイトもありますが、サービスが終了してしまうと表示されなくなるので、サイト運営者はリスクかと思います。
Javascriptと組み合わせて、表示する方法もありますが、出来ればファイルを拡張子をphpにした方が簡単で手間が少ないと思います。なるべく外部サービスに頼らない方法でリスク回避を心掛けましょう!

Special Thanks
下記の記事を参考にさせていただいたり、コードをそのまま、あるいは改造して使用させていただきました。

  • RSSを使って自分のホームページに【アメブロ】などの外部ブログの新着記事を載せたい

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1998年からWEB関連の仕事に従事。角川グループのWEB会社に入社し、ディレクター、デザイナーとして経験を積む。2004年よりフリーランスとして活動し、2008年に法人を設立。サイトの制作だけでなく運用保守や紙媒体も行う。専門学校の非常勤講師も経験。

目次
閉じる