【限定公開】WordPress運用でGooglePageSpeedに適したサーバーまとめ

レンタルサーバー比較

WordPress運用でGooglePageSpeedに適したサーバーまとめ

ワードプレスでブログを書いている人は、検索順位はきになりますよね。

GooglePageSpeedはSEOには影響は無いと言われてますが、表示が遅いと、単純に訪れたユーザーが離れてしまいます。

僕はページスコアもチェックして表示スピード改善も気にしてます。

GooglePageSpeedとは?

GooglePageSpeedは、Googleが提供しているページのパフォーマンスをどの程度改善できるか測定するツールです。

測定結果のスコアは85以上あれば、まずは合格ライン見たいです。

PageSpeed のスコアの範囲は 0~100 ポイントです。スコアが大きいほど良好で、85 以上のスコアはそのページのパフォーマンスが高いことを示します。なお、PageSpeed Insights は継続的に改良されているため、新しいルールの追加や分析の改良に伴ってスコアが変わることがあります。

PageSpeed Insights についてより引用

以下のアドレスでURLを入れると実際に試せます。
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

GooglePageSpeedをチェックするとスコアが100でない限り、ペナルティ部分の改善提案がでてきます。
対応できるものもありますが、レンタルサーバーで運営している限り自分ではどうしてもできない「サーバーの応答時間を短縮する」の対応。
(もしかしたら対応できるものもあるかもしれませんが、僕は自分で対応できる内容は出てきませんでした)

この部分、サーバーの設定なので、設定ができたとしてもそれなりの知識も必要ですし、レンタルサーバーだとそもそも設定できない(業者任せ)だと思います。

自分で手が出せないと、サーバーを借りる前の初期値でなるべく良いサーバーを選ぶことがポイントかと思います。

GooglePageSpeedの点数が良いサーバーを」探す方法

「どのレンタルサーバーでも同じ結果になるんだろうか?」

一番簡単な確認と解決方法は「試すこと」ですw
とは言え、契約するとお金が掛かりますので、お試し期間があるもので試してみました。

GooglePageSpeedのスコアを出す条件

以下の条件で試してみました。

  1. 自作テーマ(余計な設定をすべて削除した何もない状態のテーマ)
  2. WordPressのバージョン4.7
  3. PageSpeed Insightsにて測定

GooglePageSpeedスコア一覧

サーバー名 テストプラン名 モバイル パソコン サイトはこちら
Xserver X10 100/100 100/100
ロリポップ スタンダード 97/100 97/100
ヘテムル  ―  92/100 94/100
wpX グレードA 100/100 100/100
mixhost スタンダード 85/100 90/100

料金が高すぎたり、ローカル環境からテーマをインストールすることが手間(アップロードの設定をする必要あり)など、思っていたよりよさそうなサーバーが少ない感じでした。WordpressはメジャーなCMSなのに意外でした。もっと調べて追加していきたいです。

今回のポイントと
紹介アイテム

Xserverは、やはりおすすめです。サーバーの状態もWordpressには適しているみたいで、SSLも無料で使えるなんて至れり尽くせりです。借りる側で気になるサポートですが、電話もつながりやすいですし、メールもほぼ翌日には返事がきます。
サーバーの性能や金額で選ぶときが多いですが、僕はサポートの対応も重要かと思います。
XServerでもクラウドの「wpX」も良さそうです。普通のXserverと同じ感じでWordpressに特化しているサービス。SSLも無料、金額はXserverの約半額です。

ABOUTこの記事をかいた人

1998年からWEB関連の仕事に従事。角川グループのWEB会社に入社し、ディレクター、デザイナーとして経験を積む。2004年よりフリーランスとして活動し、2008年に法人を設立。サイトの制作だけでなく運用保守や紙媒体も行う。専門学校の非常勤講師も経験。