wordpress

WordPressのテーマを [ Ashe ] にした理由

WordPressのテーマはAsheで落ち着きそうです。

有名&メジャーなプラグインを使ってきましたが、今のところこのテーマAsheファイルです。
AsheですがPRO版にしてます。

日が浅いので、テーマ変するかもですが。。。

自分なりのカスタマイズはして行こうと思います。

Asheのテーマにした理由とテーマ選びのコツ

あまり時間を掛けて検討はしません。単純な事で辿りつきました。

WordPressのテーマから、新規登録し、キーワードを入れてテーマを選びます。
検索結果で、テーマの一覧を見たときの「アイキャッチ」で良さそうなものをピックアップ。

テーマのレビューや開発元を見て、試しにインストールしてみて良さそうと思った感じです。

テーマ選びの際には以下のポイントに重点を置いてチェックしてます。

テーマ選びのポイント:インストール前

テーマ一覧からサムネイルクリックして、詳細で見るプレビューの内容で良いテーマかを見極めます。

  • 一定数の評価が付いている
  • 大きく気にすることは無いですが、少なくてもテーマを使って評価をする人がいる時点で使われていると言う事。評価無しでも良いものありますが、支持する人がいることは開発者側もテンションが上がる=テーマを投げ捨てていないと言う事だと思います。

  • 説明が日本語になっている
  • 日本語対応されていると日本人に優しい&見やすい作りになっている事が多いです。
    プレビューのトップページの軽い操作で自分好みであるか
    ざっと見る程度ですが、この時点では好みで探しているので重要。好みだと後々のブログ執筆やカスタマイズに気持ちが入るので。

詳細で見るプレビュー
テーマ決定に大きなポイントでは無いかもしれませんが、上記の3点でテーマを試す価値があると思います。

テーマ選びのポイント:インストール後

「外観」→「カスタマイズ」でテーマが持っている機能を確認します。
カスタマイズで大抵の事はできますが、テーマ自体に備わっているものが、時間を掛けずにシンプルに実装できます。一時期はあまり気にせず、テーマの機能は使わない事がありましたが、最近はこの部分重要だと思ってます。

機能で見るポイント

  • PRO版の有無
  • PRO版(有料テーマ)があると言う事は、開発者側で保守やメンテナンスなど対応があると言う事。テーマを長く使う事を考えたら必要な要素です。また、有料版がある事で、もっと多くの機能があると言う事です。

  • 直感で触った機能が、思った通りの形になるか
  • 意外と重要。例えば機能のメニューでレイアウトのONOFFのチェックをしたときに、自分で「ここかな?」と思うところが、思った通りに変更できると言う事です。これができると毎回何かするにも調べる必要性が少なく作業の進みが早いです。

  • 機能の数
  • 上記2点と内容が被るのですが、機能数が多い=カスタマイズに時間を掛けないと言う事になります。

  • Goolgeインサイトの確認
  • テーマを有効化したら、Googleインサイトでテーマの評価を確認します。
    過度に点数で気にする必要は無いと思いますが、60~70点くらいだった良いと思います。

その他

自分はカスタマイズをするので、テーマを有効化した後、もしくはZIPを解凍した後にファイルの構成をみます。
デフォルトのWordpressっぽいファイル構成であるかを確認します。
下記で記載の完成されたテーマだと、ファイルの構成も独自過ぎてカスタマイズしにくいので、ファイル構成も確認します。

有名なテーマとの比較

有名&メジャーなテーマをいくつか使ってきました。
良いところも多かったのですが、使用感、メリットデメリットをまとめてみました。
個人的な感想です。

テーマ:Cocoon、Godios、Simplicity2
メリット:それぞれ最適化されたテーマ。Googleインサイトでも高得点。機能豊富で十分。
デメリット:完成されたテーマなので、カスタマイズなどがしにくい。
使用感:テーマをそのまま使う方であれば十分だと思います。至れり尽くせりなので、カスタマイズしない、改修しないでそのまま使うと言う人には良いと思います。
テーマ:Genesis&有料テーマ
メリット:Goolgeが推奨するSEO対策が取れたテーマ。海外製でデザイン性も良く、完成されている。
デメリット:日本語に対応していないのと、完成されているのでカスタマイズしにくい。
使用感:日本語非対応なので、参考文献も少ない。通常のテーマより複雑に出来ているので、テーマをそのまま使う人には良いと思います。日本語対応がされていないためが、文字の大きさや文字数制御などが日本語にあっていない。
テーマ:hummingbird
メリット:日本製で分かり易く、カスタマイズしやすい。
デメリット:カスタマイズしやすい事もあってか、Googleインサイトは少し評価低(低評価にならないカスタマイズできればOK)。日本語対応な事もあってか、外国の様なデザイン性が低い。
使用感:基本的には問題ないのですが、独創的はレイアウトやデザインにするには手間が掛かりそう。

結果

今のところ満足しているので、このテーマAsheを使っていきます。
テーマを変えるのは手間が掛かるので、長く使っていければと思います。

AsheのPRO版テーマは、期間限定かもしれませんが20%OFFで購入できます。
ワードプレステーマ「Ashe」

1998年からWEB関連の仕事に従事。角川グループのWEB会社に入社し、ディレクター、デザイナーとして経験を積む。2004年よりフリーランスとして活動し、2008年に法人を設立。サイトの制作だけでなく運用保守や紙媒体も行う。専門学校の非常勤講師も経験。