当サイトlaplace.linkをhttps対応にした!

wordpress

当サイトをhttps対応にしました!
googleがhttpsに対応したサイトを上位表示するお知らせを発した事から対応する事にしました。
Facebookや他のSNSとの連携で、多々httpsにするような形が増えて来たからと言う事もあります。

マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2014/08/08/108/

一番安上がりなのは、共有SSLで対応する方法ですが、使っているテーマとの相性や、そもそも『良くわからん!』と言う事もあり、無難な独自ドメインをSSL化しました。
楽ちんだろう〜、と思っていたのですが、ログイン出来ないとか、ページが表示しないとか、思っていた以上に四苦八苦してしまいました。

SiteGuardのプラグインとかも入っていて、ログイン出来ない状態で、汗ってしまいました。

人によってやり易さはあるのですが、僕はphpMyAdminにログインして変更がやり易かったのでその方法です。

phpMyadminでwordpressにログインできる様にする
  1. まず、phpMyAdminにログインします。
    レンタルサーバーだと、ログインする方法がマニュアル等で書かれていると思いますので確認してください。
  2. DBの項目から、wp_optionsのテーブルを探します
  3. wp_optionsのテーブル内に「siteurl」「home」があるので、そこでアドレスを確認変更します。
  4. (ここまででも表示できない時は)WordPressのログインページは「http:// サイトURL /wordpressをインストールしているディレクトリ/wp-login.php」でアクセスすることができるので、例:
    http://サイトURL/wp-login.php
    http://サイトURL/wp/wp-login.phpと「wp-login.php」でシンプルに開いてみます
  5. ログインできたら、改めて設定を見直して必要に応じてログイン設定してください

phpMyAdminにログインする為の情報が分からない場合

WordPress(ワードプレス)のインストール時に「DBを自動で作成」にすると、phpMyAdminにログインする、IDやPASSが分からない状態になるかと思いますが、その時は、FTPでWordpress(ワードプレス)をインストールしたフォルダの最上位階層(index.phpがある階層)に『wp-config.php』がありますので、ダウンロードし、テキストエディタで開くと

 

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘○○○○○○○○○○○○○○○○○○’);
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘○○○○○○○○○○○○○○○○○○’);
/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘○○○○○○○○○○○○○○○○○○’);
/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘○○○○○○○○○○○○○○○○○○’);

 

と記載があるので、確認できます。

wp_optionsのテーブルですが、テーマやプラグインのインストールでゴミソースが貯まって肥大化するみたいです。
肥大化を嫌って『インストールして試してみよう!』って行動も慎んでしまうところですが、これを掃除してくれるプラグインもあるみたいなので、後日試してみます。

後付けのSSLの場合、パスの問題で画像が表示しない事がありますが、当サイトはReally Simple SSLのプラグインで対応してます。
こちらも後日ご報告!

この記事に関するオススメの書籍
[amazonjs asin=”4797381078″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版”]