【コピペOK】query_postsでランダムや日付順を指定する方法

【コピペOK】query_postsでランダムや日付順を指定する方法

WordPressカスタマイズをしていると、『日付順にして』とか『ランダムにして』とか出てきませんか? ブロガーでWordpressを使う人は、ノンプログラマーな人が多いかと思います。

カスタマイズ慣れしていないと、『プラグインあるかな』とか『プログラム書かないとダメかな』と思ってしまいますよね。

もちろん全て解決できると言う約束はできないのですが、大体の場合は「query_posts」の設定で解決できる場合が多いです。
どういう修正をしたら、良いかググれば探せるのですが、はじめはググり方もピンとこないと思います。

自分もカスタマイズにビクビクしてしまうところもありますが、やっと慣れてきましたがまだまだなので、以下備忘録。

WordPressでランダムや日付順を一発で指定する方法

細かくはいろいろあると思いますが、ノンプログラマーとしてよく使う初歩的な指定のでみピックアップです。

投稿・固定ページ引数

  1. p : 投稿 ID で指定
  2. name : 投稿スラッグで指定
  3. page_id : 固定ページ ID で指定
  4. pagename : 固定ページスラッグで指定
  5. posts_per_page : 1ページに出力する投稿数(「-1」で全ての投稿を出力)
  6. showposts : 出力する投稿の数(「-1」で全ての投稿を出力)
  7. post_type : デフォルトは「post」
  8. post_status :
    「publish」 →→→ 公開済み
    「pending」 →→→ レビュー待ち
    「draft」 →→→ 下書き
    「future」 →→→ 予約投稿
    「private」 →→→ 非公開

日時引数

  1. hour : 時間(範囲:0~23)
  2. minute : 分(範囲:0~60)
  3. second : 秒(範囲:0~60)
  4. day : 日(範囲:1~31)
  5. monthnum : 月(範囲:1から12)
  6. year : 年(範囲:4桁)
  7. w : 週番号(範囲:0~53)

ページ引数

  1. paged : 何ページ目を表示するかを指定。
  2. order : ページの並び順。デフォルト値は「DESC」(ASC が小から大、DESC が大から小)

オフセット引数

  1. offset : 投稿の先頭からスキップする投稿数

並び替え引数

「orderby=」に続く指定です。

  1. author : 投稿者順
  2. date : 日付順
  3. category : カテゴリー順
  4. title : タイトル順
  5. modified : 変更順
  6. menu_order : メニュー順
  7. parent : 親順
  8. ID : ID 順
  9. rand : ランダム
  10. none : 並び変えない
  11. comment_count : コメント数順

今回のポイントと
紹介アイテム

冒頭に書かせていただいたように、カスタマイズ慣れしていないと、クライアントからの要望でドキドキしてしまう部分ですが、「query_posts」で結構解決してしまうと言うことを覚えておくとリラックスして打ち合わせに望めます!

あわせて読むと効果的な記事
【コピペOK】Wordpress(ワードプレス)投稿画像からランダムで指定数だけ画像表示する
【コピペOK】Wordpress(ワードプレス)投稿画像からランダムで指定数だけ画像表示する
投稿された記事でアップした画像を、右カラムにランダムで指定
2016-07-10 10:03
参考&Special Thanks

下記の記事を参考にさせていただいたり、コードをそのまま、あるいは改造して使用させていただきました。

query_posts で指定できるパラメーター(参考)

ABOUTこの記事をかいた人

1998年からWEB関連の仕事に従事。角川グループのWEB会社に入社し、ディレクター、デザイナーとして経験を積む。2004年よりフリーランスとして活動し、2008年に法人を設立。サイトの制作だけでなく運用保守や紙媒体も行う。専門学校の非常勤講師も経験。